街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2018年8月25日土曜日

バー・ラジオのカクテルブック



酒を飲むのも好きだが、酒の話を読むのも好きだ。そして、いい話に出てくる酒を飲みたくなることもしばしば。それは日本酒であったり、カクテルであったりする。

簡単なカクテルなら(シェーカーを振らずに、ステアしてできるカクテルなら)、家で作って飲むこともある。最小限の種類の酒は揃えている。カクテルの場合はやっぱり暑い夏が多くなるが。

そうした時、参考にする本がこの「バー・ラジオのカクテルブック」。1972年にオープンした東京の伝説的なバーのカクテルブックだ。もう30年以上前に買ったものだ。
この本、カクテルのレシピ本ではない。カクテルのまつわるいろいろなエッセイとカクテルの写真(カクテルグラスを見せる写真)で構成されている。
この本を出版したのは、専門的な料理本を数多く出している柴田書店。だから、エッセイなどの棚ではなく、プロのための料理本や喫茶店メニューのレシピ本のコーナーに並んでいた。お宝を見つけたという感覚だった。

最近も「ディーン・マーティン」というカクテルを作ってみた。ジャックダニエルズ3/4に、カンパリ1/4。へぇ~どんな味と尻込みしそうなレシピだが、なかなかパンチのある独特なカクテルだった。バー・ラジオのオリジナルだ。隣には「フランシス・アルバート」というワイルドターキーとタンカレージンで作るカクテルも紹介されていた。シナトラの本名を冠したカクテルだ。



シャンパンの泡の向こうの薄暑かな




2018年8月9日木曜日

2,000km ロングドライブ



今年の五月は、九州をドライブしていた。昨年の北海道に続いて、
走行2,000kmを超えるロングドライブだ。クルマは「イグニス」という1,200ccのコンパクトカーだが二人乗車なら快適!(4人乗ると乗り心地が悪くなるが)。オートクルーズが付いてるので、足の疲れ全然なし。ナビの道案内もすっかりおまかせできるレベルだ。

クルマ旅がいいのは、知らない場所に自由に行ける身軽さ。そして、荷持やお土産や靴や傘やなんでも気にせず放り込める気楽さ。クーラーボックスを入れておけばこれもなかなか役に立つ。
ずっと高速に乗ってるより、少し地道を走るのもいい。一日目は高速に乗って目的地近くまで高飛びし、あとはじっくり・ゆっくりドライブというのが、最近のスタイル。
あそこの神社に寄ってみたい。足を伸ばしてあの店で昼めしを。などなど一旦停車が多い。

年寄りのクルマの事故が多い昨今、しっかり運転できるのは後10年くらいかな。それまでにドライブ旅を存分に楽しもう。もうすぐ完全自動運転のクルマができるかもしれないが、なんか面白くなさそうだし。



仁王立ち薄暑の空の観覧車
                                                                                                                                                                                                                                     
炎天から5メートル逃げ氷喰う                                                                                                                                             



2018年7月7日土曜日

サボっていたら、はや7月




おばんでやんす。ブログサボっていた間にいろいろありました。大きなイベントでは九州ドライブ旅行でしょうか。昨年の6月に続いて、維新探検隊との合流で九州へ行ってきました。宗像神社へ行ったあと田原坂で維新探検隊と合流。
その後、鹿児島市内での維新散策や知覧などへ行きました。毎夜(と言っても2日ですが)飲み会付き。皆さん相変わらず元気です。
探検隊と別れた後は、霧島神社や宮崎の海岸、青島神社などを巡ってきました。





ところで私はと申しますと、まだ少しづつですが仕事しています。会社や友達のものなど、お声がかかれば企画とライティングしています。なにしろナマケモノ、やる気まんまんありません。少しの仕事でも、生活のリズムが生まれるのがいいみたいです。毎月のゴルフが楽しめるほどの微々たる収入ではありますが、それで十分。ありがたいです。


それとは別に、大阪へ月3回ほど飲みに出かけてます。会社の仲間や学生の時の仲間です。2時間ほどの飲み会のためにわざわざでかけてますが、これが面倒くさくなったらダメなのでしょう。久しぶりの今日はまぁ、近況報告ってことで。




虹の島火山と暮らすとはいえど


海の日や拾いし貝の声を聞く (鯛風)





2018年3月31日土曜日

疏水の道、桜の道



今年は開花が早い桜前線。京都はもうどこも満開。今日は地下鉄で浜大津まで行き、琵琶湖からの疏水沿いに三条をめざして歩いた。友達が前に歩いたと聞いていたので、チャレンジ。駅でパンフを探したけどないのでグーグルマップと京阪電車のHPの地図(これがヒドイ、アバウトな地図)が頼り。

三井寺下の北国橋に取水口があり、ここからスタート。しばらく上がると疏水は三井寺の下を通るトンネルに。トンネルには散策路がないので、ボクラは三井寺の山を迂回し登って行く。旧道の小関越だ。いきなり登り。この道で正解? クネクネ山道を歩く。峠のお地蔵さんを超えると、疏水に戻る道標があった。

しばらく歩くと、四ノ宮テニスクラブや一燈園が。もう山科だ。桜並木も満開。山には山桜が咲いている。このあたりで買ってきた弁当&ビール。やっとランチだ。
十分歩き疲れたが時間も早いので、さらに進む。安祥寺や本圀寺といったお寺の横を通る。ここで最近運行しだした疏水を往来する船に出会う。結構なスピードで三井寺方面へ進んでいった。乗客は10名ほど。小さな観光モーターボートだ。シーズンは8,000円するとか。


天智天皇の御陵までやってきた。ここから地下鉄にするか、歩くか。悩むが、歩くことに。しばらくすると疏水はまたトンネルに。僕たちは蹴上まで三条通を歩くことになる。ゴールは蹴上のインクライン。観光客がうじゃうじゃいてた。
本日の予定は修了。河原町へ、とりあえずビールを飲もう!



曲がるごと花の香かわる疏水沿い



2018年2月4日日曜日

北野の追儺式には舞妓さんも



寒い寒い冬の雲の間から、お日さまが覗いた昨日は節分日和。ぶらぶらと北野神社へ出かけました。ふだんならチラチラと咲く梅を少しは見かける北野さんですが、今年の蕾は固く、春の兆しは感じられません。まあ、あたたかいので、人の出はそれなりに多いようです。

北野神社では古くから「北野の追儺式」という節分祭が行われています。今年も本殿近くの神楽殿で、茂山千五郎社中による狂言と、上七軒の綺麗どころによる舞踊が催されました。ちょっと遅くなっただけで目の前は人だらけ。アタマと頭の間から覗くように追儺式を見ることになりました。

軽やかな狂言の追儺式も面白いのですが、舞妓さんやお姐さんによる舞踊も、他社の節分にはない華やかさ。いかにも春を呼ぶ催しらしく、数年に一度は足を運びます。最後には、茂山社中と舞妓さん達による福豆まきが。今年はラッキーにも七袋もゲットできました。

北野神社といえば「長五郎餅」が有名ですが、わたしはいつも門前の天神堂で「焼き餅」を買って帰ります。これが、しっかり焼かれた「焼き餅」でうまい。お年寄りの集団も並んで、一人一個ずつ贖っておられました。



おんおんと鬼が哭く声梅蕾   






2018年1月23日火曜日

昨日のこと。明日のこと。


ブログも更新せず、あっという間に2018年となりました。みなさんお元気ですか。去年も今年も、亡くなった人のことをお正月に知る事が多くなり、手放しでお正月を楽しめないのではありますが。毎日をしっかり楽しもうという思いは強くなってくるようです。で、今年初っ端の「お気楽さんぽ」は私めの日々の暮らしをご報告いたします。

仕事はね、まだちょこちょこコピー書いてます。友達や会社関係でお小遣いになる程度ですが、一つのリズムにはなっています。呑む回数はズイブン減りましたが、月に3回は大阪へ。会社の連中と呑んだり、学生時代の友達と呑んだり。家ではほとんど毎日呑んでますが、軽めです。

ゴルフはあいかわらず月1回ペースですが、冬の間はお休みです。今はまってるのは、俳句づくりです。このブログで下手なのを載せてきましたが、やっぱり人の目にさらさないとダメだなと思い雑誌やネットに投稿をはじめました。昨年の6月くらいからです。ビギナーズラックで雑誌に入選したりすると調子に乗ってますますハマってしまいました。知っているライターの名前を見つけたりして、ああ、アイツもかとますます熱が入ります。当分は続きそうではあります。

散歩が好きなので相変わらずぶらぶら歩いてます。写真は「大映通り商店街」のスーパーの前にある大魔神像です。はじめはこんなデカイのよく作ったなと思ってましたが、まさかコスプレされるとは。さぞ、怒っていることでしょう。クワバラくわばら、であります。
ウクレレもしなくちゃ。写真ももっと撮らなければ。次の旅行の計画もそろそろプランしなくっちゃ。
今年もヨロシクお願いいたします。



裸木やどくどくと血の駆け巡る


雪女紫煙くゆらせ角に消ゆ    (鯛風)





2017年10月28日土曜日

最近は “Noilly Prat”


ビール、チュウハイ、ワイン、日本酒 … 家では何でも飲んでます。最近よく飲んでいるのは “Noilly Prat(ノイリー・プラット)” 。フランスのドライ・ベルモットです。ジンにこのベルモットをカクテルしたのが“マティーニ”です。配合は人それぞれですが、ベルモット1対ジン3、くらいでしょうか。チャーチルは、グラスにベルモットの瓶のコルクをなすりつけて香りをつけるだけ、ジェームズ・ボンドはジンの上で栓をあけるだけとか、超ドライが好まれているようですが。
これをカクテルグラスではなく、オンザロックのグラスで飲んでいますが、さすがにキツくて少しソーダで割っています。


昔、会社の近くのBarで飲んでいた頃は、イタリアのベルモット“CinZano(チンザノ)”が好きで、これをロックで飲んでいました。エキストラ・ドライが好みです。これに比べると “Noilly Prat” はちょっと甘い香りがします。
本当はウィスキーをもっと飲みたいのですが、最近はどうも苦手。水割りやソーダ割りにしないと、アタマが痛くなってきます。ストレートなんて論外です。

外で飲むと、なぜか飲みすぎてしまいます。しゃっべっている間にグイグイいってしまい、次の日にしんどくなるパターン。これをセーブしなくては。いろんな日本酒をあじわい、いろんなカクテルも楽しみたい。お酒は少しづつでも永く付き合っていきたいものです。



秋闌ける句作する夜ジャズも消ゆ



2017年8月17日木曜日

なんでこんなに人が多いのだ



昨日16日は大文字の送り火だ。夕食を早めに済ませて広沢の池へとブラブラ出かけた。そういえば去年のこの日はすごい雨で、NHK/BSの五山送り火スペシャルは滝のような雨が流れる屋上テントでの生中継だった。
今年は晴天。星も出ている。北斗七星を久しぶりに見た。

しかし「広沢の池」に近づくと、何やら騒がしい。見物の人が多い。通りも1車線を歩行者用に解放。お巡りさんもたくさん出ている。今までの3倍は人が多いみたいだ。
池を見れば、流し灯籠が池いっぱいに広がっているではないか。しかも色鮮やか。今までは池の西側、灯籠を流す場所にかたよっていたはずなのに。これは圧巻! 綺麗でびっくり。

でもここからは「鳥居」の送り火は見えない。
人の波と一緒に西へと向かう。池の西側は田んぼが多く、見晴らしが良くバッチリ「鳥居」が見えるのだ。どこまでいっても人ばかり。なんとたこ焼きの屋台まで出ている。たった一つの屋台、だけど今まではなかった。
池のそばには「児(ちご)神社」があって(昔は幽霊が出ると有名な神社だった)、ここでは毎年、神社内であげられる御詠歌をスピーカーで外に流している。この、オドロオドロらしさが広沢の池の送り火の世界だ。ところが今年は、スピーカーが外されていた。御詠歌はあまりにもリアルで、観光にはむかないということか。そんなことで、いいのかぁ。


嵐山で見る「鳥居」の世界は前から観光客メインだった。でも広沢の池や大覚寺周辺は地元の送り火として静かな世界が保たれていた。場所によっていろんな見方が楽しめる「大文字の送り火」なのに。なんでも観光客に応えようとしてしまう、京都の悲劇がまた一つ。




蹴り出でる豪雨のバス停青田道


ボール飛べ窓破らんとす力あり (鯛風)




2017年7月5日水曜日

積丹うに丼とジンギスカン


漁が始まったばかりの「積丹うに」を丼で。いよいよその時がやってきました。積丹半島までクルマで行って食べたいけれど、余市でマッサンのウヰスキーを試飲するというお楽しみもあるので、小樽からJRで余市へ。それでも積丹漁協から10キロ。余市の鮮魚店直営の海鮮工房は獲れたてメニューがいっぱい。もちろん水揚げされたばかりの「エゾバフンウニ丼」=3,510円也を注文。まろやかで、濃厚。ウニ粒一粒一粒が新鮮そのもの。また食べたい、来年も食べたい!余韻も濃厚でありました。

函館に行った時も有名な「函館朝市」の寿司屋で、「うに・カニ・ホタテ」の三色丼をいただきました。うに丼は余市よりちょっとお高く、まだ余韻が残っていたので、ここはあえて三色丼に。これも正解!の美味しさでした。なんでも、酢飯の海鮮丼を食べられるのは寿司屋だけとか。他の海鮮丼屋さんでは酢飯が提供できないらしい。函館だけのキマリなのか北海道のキマリなのか聞き損ねましたが。どっちが美味いか?どちらも美味い!ネタの鮮度が全てなのです。

もう一つの食のお楽しみは「ジンギスカン」。富良野では「ひつじの丘」という牧場のテラスで。テーブルにど~んと七輪が運ばれてきます。雄大な景色も見ながらとは贅沢です。帰りには札幌に立ち寄り「サッポロビール園」のホールでジンギスカン。こちらはタレ付ジンギスカンとタレ後付けジンギスカンで食べるホールも違います。僕たちは、タレにつけながら食べるのが好きなので後者のホールへ。
さすが、サッポロ!赤レンガのレストランで、北海道の形のオリジナル鍋でジンギスカンをいただきました。





飛びたたん翼のうえに虹ふたつ





2017年6月25日日曜日

天まで続く道ばかりだ


北海道へ行ってきた。10日ほどのあいだに2,500kmほど走った。写真は知床へ行く途中にあるドライブ・スポット「天に続く道」のいちばん高い場所。観光バスも立ち寄っていた。

北海道の道はこうしたまっすぐな道が多い。話には聞いていたが、そんな道ばかりだ。しかも皆けっこう飛ばしている。地道で7080km。おかげでどこへ行くにも予定より早めに着けた。スピード違反の取り締まりなんて気配もなかった。ちょっと森にはいると『動物飛び出し』の標識に。おもわずアクセルを緩めたけれど。
鹿がひょいとガードレールを飛び越えて道に出てきたことも、パーキングエリアでキタキツネが寄ってきたこともあったので、動物事故はそれなりに発生しているのだろう。

クルマの台数も少なくて気持ちがいい。京都でいえば5月はじめくらいの気候。いろんな若葉が美しい「万緑」の景観。しかも、ほとんど広葉樹。ずっと、地平線や大きな空を見ながらドライブしていた。大都市・札幌へ高速道路を降りた時、あまりのクルマの多さと近さに戸惑ってしまった。



見えずとも ヒグマに見られし 夏の五湖