街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2012年7月7日土曜日

家人が育てるモロッコいんげん

カノジョは今年はプランターで、「いんげん」を育てている。ワタシは本当は、紫色の花のきれいなソラマメを育てたかったのだけど、種を撒くタイミングがわからず(忘れていて)、いんげんになってしまった。

いんげん君は、繁殖力がスゴイ。GWのころ同じように種を蒔いたのに、朝顔の方はまだヒョロロと、か細い茎を伸ばし始めた段階。本気になるのは梅雨が終わってからよ、という顔をしている。なのにいんげん君は、もう十分に本気で、白い花を咲かせ、食べられるほどの実までつけ始めた。
ゴーヤもスゴかったが、いんげん君もスゴイ。これは、観賞用の植物と、収穫用の植物との生命力の違いなのか。同じ蔓科の植物なのに。

越冬をしたハイビスカスは3本のうち2本。1本はたくさん花が咲いているが、あとの1本はまだその気が見えない。ブーゲンビリアは4本のうち、3本が越冬に成功。やっと小さい濃いピンクの花を咲かせ始めた。横のほうでは、種から育てている藤の木の若い枝が、ナマズのヒゲのように暴れまわっている。

今年の夏はどれくらい暑くなるのかしらん。大雨ばかりでは、ハイビスカスもかわいそうだ。いんげん君の日陰の下では、ししとう君が気持よさそうに実をつけ始めた。

4 件のコメント:

  1. ゴーヤは、育っちゅうか?わしは、琉球のチャンプルーを、よう作るがじゃ。旨いもんぜよ。やっぱり、酒は、泡盛の、氷入りが、似合うきに。きんのうは、メリケンの、ジャズっちゅうのを聞きに、北山の音楽堂に、その前の日は、クロアチアの、ザグレブ・ソロイスツ合奏団と、清塚信也というピアノ演奏者(あの、龍馬伝のテーマ曲の演奏者)を聞きに同じ音楽堂に。今日は久しぶりに、ネイティブエクアドルのシサイのライブを洛北カナートへ孫たちと。じじいは、忙し過ぎて、眼が廻っちゅうがです。おやすみ。

    返信削除
  2. 今年はゴーヤは植えてないがじゃ。ゴーヤを植えたときは、毎日ゴーヤで参ったきに。それにしても、お出かけし過ぎ。
    夏バテには気をつけないかんぜよ。

    返信削除
    返信
    1. ゴーヤは、植えてないがか。残念ぜよ。貰いに行こうと思っちゅうがやったのに。気が向いたら吉田山にも来てつかーさい。おやすみ。

      削除
  3. 主水さんは、自転車は乗らんがや?
    涼しい時間帯にちょっくらお邪魔さしてもらいます。

    返信削除