街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2014年1月26日日曜日

送電塔は美しい


ハイキングに行くと、大きな送電塔によく出くわす。街から山にお出かけする人間と、山奥のダムから街へと送られてくる電気の通り道がクロスするのは当然のことだけど。ハイキング道の近くに多いようだ。昔からの歩きやすい道の近くに建てられてきたのだろうか。
この送電塔を真下から見上げると、とても美しい。構造物としての美しさと、電気を通されたサイボーグのような、どこか生き物をみているような美しさを感じる。
静かな鉄の塔ではなく、今にも動き出しそうな迫力がある。





たとえば夜などは、バチバチとショートした火花が見えるのかもしれない。蛍光灯を持って行けば、薄青く発光するのかもしれない。昔テレビで、送電塔の近くに住むと電磁波が体に悪いと、蛍光灯を持って実験しているのを見たことがある。

箕面の山々でも、洛西の山々でも、比良の山々でも、背骨に針を打つように送電塔がつながっている。何十万ボルトの電流が流れているんだろう。古都の電柱電線と同じで、景観はよくないが、送電塔ばかりは地中に埋めるわけにも行かない。

やがて宇宙から無線で電気が送られてくる時代も来るそうだが、そうなると、送電塔もなくなってしまうのだろうか。



山起こす 鉄塔怪獣 あらわれり



4 件のコメント:

  1. 川柳?ですか?鉄塔のこのフォルムは、細胞のようにも見えるし、血管のようにもみえるわ。歳を重ねるごとに何でも医療よりにみてしまうのは、寂しいことやなあ。
    けど、ほんまに蛍光灯点くの?LEDも?今度どこかでやってみて。自分でやって、感電死するのはいややし。

    返信削除
  2. 主水さん、福は内〜
    この写真から、血管や細胞に発想が行くとはユニークな。
    人って面白いなぁ。昔TVで、送電塔の下で手にもってうっすら光る蛍光灯見たことあるよ。やらせじゃないと思うけど。

    返信削除
  3. 電磁波があふれてるんやね?電子レンジに蛍光灯を入れてスイッチを入れると光るで〜?その下は電子レンジの中にいるのと同じか〜?冷たい御飯を持ってそのしたで廻ると暖かくなるかな〜?今度行った時やってみてね!

    返信削除
  4. Kitamuraさん、まいど。
    送電塔の下でくるくる回って、ご飯あっためるの面白いけど。
    そんな力があるなら、
    送電塔の近くで暮らしてる人、冷たくなってしまうやんか。

    返信削除