街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2014年6月7日土曜日

昭和オーラの変なお店見っけ


ぶらぶらしていると、商店街から外れた道に、こんな店があった。周りは住宅街。なに屋さんかな?元は、たばこ屋さん、駄菓子やさん?今もやっているのか、もう閉めたのか。
昔のたばこ屋さんは、ちょっとしたコンビニで、はがきや切手も売っていたし、ノートや週刊誌も置いていた。そんなお店だったのかもしれない。切手の収集がはやっていた小学生の頃は、近くに郵便局ができるまで、たばこ屋さんで記念切手を買っていた。「平凡パンチ」や「F6セブン」や「週刊プレイボーイ」が創刊された頃、ボクたちの年齢では本屋で買うのが恥ずかしく、たばこ屋さんで週刊誌を買ったこともあった。


それにしても、このぺたぺたと貼られたブロマイドの凄さ。昭和のオーラを存分に放ち、なんという存在感。
存在感がありすぎて、周りの住宅の人は困っているかもしれない。もう少しきれいにしてくださいよと、町内会で問題になっていたりして。勝手な想像だけど。

駄菓子屋さんだけでなく、焼き芋を売ってる炭屋兼氷屋さんとか、学校の体操着を売ってる文房具店とか、今にして思えば変な店が多かった。そうした店には子どもたちも集まってくる。町の平和度は、昔の方がはるかに高かったんだね。
それにしてもスゴい。この昭和オーラの変な店、「のどかさ」を通り越して、ラジカルに進化してきたみたいだ。お隣りなら困るけれど、町のどこかにあるのはうれしい。この勝手さが、問題なんだろうけど。



しゃぼん玉 はてな?の店の 屋根こえて


2 件のコメント:

  1. AOさん、まいど。
    これエグイな。廃屋?まだ誰か住んでるん?

    今あるかどうか分からんけど、老松町に昭和のデトロなグッズを置いていた茶店があったよ。ちょうど裁判所の裏手に。
    オレが独立したての頃だったか。
    3日完徹して、納品した後にそこへ寄ったんやわ。
    何や雰囲気がええし、ソファに座ってたらいつの間か寝てしまって、しかも鼾をかいてたらしく、起こされたのは救急隊員だった。
    店の人が脳卒中か何かと勘違いしたみたいや。

    それから、昔のS-研の福岡ビルから靭公園への入り口に、汚くて古い寿司屋があったのを覚えてる?
    ボロボロの民家の周りに、所狭しと植木を置いてた店。
    あれ、去年近くに行った時、たまたま解体工事してた。家主が亡くなったのかなぁ。
    一度の入ったことなかったけど、不思議な店やった。

    返信削除
  2. 漁さん、まいど。
    救急隊員に起こされてる自分の方がエグいがな。
    その、老松町の茶店行ったことあるかも。
    鶏そぼろの店の向かいの方やろ。

    靭公園の寿司屋もなくなったね。
    知らなかったけど、あそこの押し寿司は有名だったらしいよ。
    行こ行こと、みんなと行ってるうちに、
    更地になってしまって、残念。
    あんだけ汚かったら、ちょっと寿司屋としては
    入りにくいわな。

    返信削除