街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2012年5月6日日曜日

筍を掘ってきた

ゴールデンウィークの真ん中あたりで、筍掘りに行ってきました。昨年亡くなった義理の兄のお友達が、春になったら筍とりにおいでと、誘ってくれていたからです。
その I 氏が住んでらっしゃるのは月ヶ瀬。梅林のすぐ近くです。いつもゴルフへ行く木津の方から、木津川に沿って東へ。笠置を通り、月ケ瀬口から南へ向かいます。京都から約2時間。でもR163は昔より走りやすくなっていました。

この I 氏はなんでもこの月ヶ瀬に移って12年くらい。自給自足的な暮らしをされているそうです。家のまわりにいろいろな食べられる葉の樹木を増やし、畑を耕し、お客さんを招いては旬の味覚をふるまってるとか。
京都に住んでいながら、筍掘りは初めてです。あいにくのぐずぐずの天気の中、裏山へ。よくみる、ふかふかの竹の林と違って、山の斜面に生えている筍は、土も結構固い。小さなシャベルで掘り出して行って、筍の全体の姿が見えてからスコップをグサリと入れて切る。
天気の悪いこともあって、掘りおきしてもらっていた筍とあわせ、たいそうな量の筍をいただいて帰りました。

筍掘りのあとは、奥さんの手料理の山菜づくし。なんでも自然食品の料理研究家とかで、料理のおいしいこと。・たらの芽 ・ウド ・よもぎ ・こごみ ・コンフリー ・ こしあぶら などなど、食べたことのない山菜の天ぷらもありました。
自然の中で、季節を五感で感じて暮らす。街を離れられないボクとしては、こういう人とのおつきあいはとても大切かもしれません。

10 件のコメント:

  1. お久です、何だかんだ言いつつ僕も街から離れられません。
    4月初めからPC壊れてこないだやっと復活しました。

    返信削除
  2. レフティさん、元気ですか。
    こんどは足首痛めたとか、M 氏から聞きましたが。
    田舎に行けば、ゴルフ場と温泉が自転車圏内にはありましたが、女子高生は見かけませんでした。

    返信削除
  3. 女子高校生・・?                      今年に入ってから肩・足首・もとより腰と人間の上中下どこも痛いとさすがに元気印の僕でも少しメイッてる今日この頃ですが、ポジティブに考え焦らず動けるようになる直感を待ってます・・

    早くAOさん・M君とG遊びしたい!!

    返信削除
  4. レフティさん、ガンバ!
    「目の保養が必要」とか「今の空気に触れていたい」とか、そういう感じの女子高生ですが。
    山に登らず、山の麓で、お祓いや温泉にはまってみるといのはいかがでしょう。

    返信削除
  5. AOさん神さん詳しそうやしどこか教えてください。      温泉には通いますわ!

    返信削除
  6. 山陰の昔の田舎の山に、ジャングル化した竹林がある。
    よかったら、勝手にタケノコ掘ってもいいよ。
    たぶん山には入れないと思うけど。

    返信削除
  7. レフティさん、お祓いの方はよく知りませんわ。
    あのM さんの方が知ってるかも。あの人もなんかあちこち神社関係行ってるみたいやし。

    返信削除
  8. 漁さん、まいど。
    穫ってはいけない竹林は、ちゃんとイノシシよけの電線をめぐらしてるみたい、近頃は。
    我が家では1週間経っても、筍料理が出てきます。

    返信削除
  9. 我が家の竹林(今はたぶんジャングル)は、放ったらかし。
    30年以上は入ってないと思う。
    村の人の話によると、竹林が昔の倍くらいになってると。

    返信削除
  10. 漁さん、今年は筍が豊作みたい。
    竹の子がいっぱいなら、今年は竹林がさらにジャングル化してしまうのでは。どこの山も人の手が入らないと、竹が侵略してくるのでしょうかね。
    竹から貴重な資源が見つかるといですね。

    返信削除