街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2013年5月22日水曜日

あれは、航空灯台だったのか


今春「フェスティバル・タワー」がオープンしたばかりだが、向かいの朝日新聞ビルの取り壊しがさっそく始まった。工事フェンスからは、屋上の一部だけが見えている。

この朝日新聞ビルが建ったのは、80年前の1931年。周辺に10階という高い建物はなく、大大阪を象徴する高層ビルだったのだろう。やさしいアール(曲線)につつまれたデザインは、客船をイメージしたものとか。たしかに、バルコニーのついた船の客室のようなイメージだった。
屋上から見れば、堂島川と土佐堀川の2つの川は、あたかも波を分けて進むイメージ。大阪湾へと航海する豪華客船だ。(もうすぐオープンするダイビル本館も同じコンセプト、客船をイメージした曲線が特徴なんだそうだ)。

そして今、工事フェンスからちらりと見えているのは、船の艦橋をイメージして建てられた、空の灯台だったとか。
空飛ぶ飛行機やヘリに、位置と高さを知らせる、航空灯台。夕闇せまる頃から、赤・緑・白の三色にイルミネーションされ、3000ワットの光の矢が夜空に放たれていたらしい。思い浮かべれば、なんてモダンなシティ・イメージなんだろう。きっとわくわくするポスターもあったのだろう。

その航空灯台は、消防署の火の見櫓でもあったらしい。当時は、神戸や泉州や枚方あたりまで、ぐるっと見晴らせたのだ。そしてなんと、この灯台の足下の屋上には、スケートリンクまであったらしい。10階には、高級レストランの「アラスカ」。なんて贅沢な、ビルなんだ。
そういえば、もう今はない京都の朝日新聞ビルは、東郷青児の壁画。レストラン「アラスカ」もあったなぁと思い出してしまった。

6 件のコメント:

  1. AO さん、まいど。
    ここんとこ、その辺り行ってないなぁ。随分変わったのやろな。
    フリーでやってる時は、梅田とか新御堂にお得意があったから、よく通ったけど、ご無沙汰やな。
    朝日新聞ビルにあったK-化学は、まだそこにあるの?
    屋上にスケートリンクがあったのって、誰かに昔聞いたことがあるよ。
    K-化学の仕事やり始めた頃だったから、25年前?
    誰に聞いたのか忘れてしまった。

    返信削除
  2. 朝日新聞のビルは存在感のあるいいビルだったのにね。ツインタワーが流行ってるのか〜?

    返信削除
  3. 漁さん、まいど。
    あの頃のK-化学の仕事はいろいろあって面白かったですね。
    新しいフェスティバルタワーの方に、本社移ってるかもしれませんね。
    そんな話に興味があるのは、M-田さんくらいかなぁ。

    返信削除
  4. Kitamuraさん、まいど。
    なんでも次のタワービルが建ったら、四ツ橋筋をまたぐように、
    連絡歩道橋がけっこう高い所で架かるようですよ。
    Kitamuraさん、高所恐怖症でしょう。

    返信削除
  5. あの辺りの阪神高速を始めてみた時には、「手塚治虫」の漫画に出てくる近未来世界がじつげんした・・・と思ったけどね?高所恐怖症ではないけど連絡歩道橋は嫌いです・・・。そんなところ通る用もないし。

    返信削除
  6. KItamuraさんが、連絡歩道橋は嫌い!!
    わかる気がします。
    でもワタシめは、けっこう高い所好きです。
    バンジージャンプとかは嫌いだけど。
    高い高い観覧車などは、乗ってみたい。

    返信削除