街を歩こう。山を歩こう。嵯峨野を歩こう。旅を歩こう。維新を歩こう。映画を歩こう。

月に一・二度はフェアウェイも歩こう。お気楽な日々を、お気楽に記録していこう。

お気楽さんぽ

お気楽さんぽ

2014年11月2日日曜日

どんどんと太鼓なる道後の湯へ


朝、6時。太鼓の音が聞こえてくる。道後温泉の、開場を告げる太鼓だ。ホテルの窓から、道後温泉の入り口がすぐ下に見える。朝の散歩のような人が入っていく。朝6時頃は地元の人が多いけど、6時半になったら空いてきますよと昨夜ヒアリング済み。朝食前に、カランコロンと下駄を引っかけてお風呂へ行った。

三階の個室を頼んだ。江戸っ子の坊ちゃんは、三階しか行かなかったらしいから。男湯は三つの浴室を楽しめる。わが国最古の温泉といわれているだけに、表のたたずまいだけでなく、浴室もどっしりした風格がある。きれいなお湯。じっくりと効いてくる。天皇家御用達だったお風呂もなかなかのもの、見学できる。

風呂からあがって飯食って、車をおいて観光散歩へ。すぐに坊ちゃん電車がやってきて飛び乗る。まずは「坂の上の雲ミュージアム」へ。と行ったが大失敗。泊る所が予約しやすく安いからと、月曜を組み込んだのが大間違い。ミュージアムはじめいろんな所が月曜休館日。しょうがないので、名物のみかんのゼリーをチュパチュパしながら、松山城に行った。写生会の小学生たちの間を抜けて天守閣へ。吹きわたる心地いい風が、湯あたり気味のほてった身体をさましてくれる。
昼飯を軽くすませたら、琴平へドライブ。金毘羅宮も行きたかった所だ。

ところで京都は紅葉が美しくなってきた。今、桜の葉が真っ赤。鴨川ぞいの道は赤色・黄色・緑色と色とりどりで、紅葉シーズン第1章はじまるといった感じ。



金木犀 にほふ坂あり 雲の下


5 件のコメント:

  1. 金木犀 にほふ坂あり 雲の下

    ええ感じ(^0^)

    ぼっちゃんと坂の上の雲を辿っての旅か。羨ましいぜよ!
    でも、残念やったな。
    大体、美術館方面は月曜休館は常識でっせ。

    あそこ行った?
    「歌麿美術館」。
    オレ行ってへんけど、いっぺん行きたいと思ってる。
    松山から50キロほど南で、小薮の近所。
    道後温泉もいいけど、そこまで行くんやったら、
    歌麿美術館行かんとあかんで。

    返信削除
  2. 漁さん、まいど。
    「歌麿美術館」があるという事すら知らなかったわ。
    それはちゃんとした美術館?ちょっと怪しげで面白い美術館?
    どっちにしても月曜日やから休館日やろな。
    伊丹十三記念館も今回はパスしたわ。

    返信削除
  3. 夢駈時蔵です。
    杉原に聞いてこのブログにやってきました。
    3月のライオン ファンのもとコピーライター。
    こちらも昨年夏に道後温泉に行ってきた。
    同じ年に行ってたんやね。

    返信削除
  4. 夢駈時蔵さん、こんにちは。
    才谷梅之介さんと同じやね。
    そうか、昨年行ったんか。ボクは初めてやったけど
    よかったね。で、誰といったん?
    ところで、自分の名前は匿名で、人の名前だしたら出したらあかんやん。S原くらいにしとかな。
    S原君からは、もっと更新期間を短くせいと、年賀状でよく怒られるねん。
    こんなブログですけど、これからも、よろしくね。

    返信削除
  5. 夢駈時蔵です。
    誰といったかって?
    そりゃ、才谷梅之助やから、おりょうさんでしょう。一度s原誘って飲みに行きたいね。

    返信削除